海外の食文化の受容と浸透

西洋文化を積極的に取り入れた1800年代以降には、日本の食事スタイルも西洋化の大きな波を受けました。
肉食の解禁に始まり、西洋野菜などの新しい食材が数多く流入するなど、当時の日本人は西洋の食文化を旺盛に取り込んでいきました。

純粋な西洋料理の浸透には時間がかかりましたが、ごはんを中心とした
食事スタイルにあわせて西洋料理を進化させることで「和洋折衷料理」が
登場し、徐々に一般庶民の間にも広がっていきました。