食文化の発展

1600年代以降になると、庶民の間にも食を楽しむスタイルが広く浸透しました。
1800年代以降の、江戸などの都市部では、安く早く旨い庶民の手軽な食事として、そば、すし、てんぷらなどの食べ物屋台が栄えました。料理屋で酒と酒肴を楽しむ会席料理が誕生し、料理書の出版も相次ぐなど、食文化が大きく発展する時代となりました。