神饌料理

日本では古来より食の恵みをもたらす自然を神と崇拝し、尊重する精神を育んできました。

豊作大漁の祈りや収穫の喜びや感謝等、さまざまな年中行事や祭りやしきたりが生まれ、神への供物として「神饌(しんせん)」を捧げました。「神饌」とはいわば神様の食事であり、その食事と同じものを食べる事で、神の守りがあると考えられていました。

その精神やしきたりは現在にも受け継がれており、日本の食事スタイルの起源ともいわれています。