武蔵岡部藩藩主 安部信発 御登城弁当
幕末の大名 武蔵岡部藩藩主 安部信発の1年間の食事記録のなかに弁当の記録もあります。江戸の上屋敷での慶応2年(1866年)の登城する際の弁当例で、内容は、椎茸、干瓢、味噌漬大根、握飯。当時、日常と特別の日によって弁当の中身は異なるようで、御登城弁当は日常の弁当だったようです。