「江戸名所図会」
「江戸名所図会」には、江戸時代の農村地帯の絵図が描かれており、その中に農民の田圃での昼飯風景として弁当を食している絵が残っています。現在の神奈川県金沢文庫の辺りを描いたものとされています。絵には、重箱の一つににぎり飯が入っており、もう一つには箸があるので、煮しめや漬け物が盛られていると考えられています。