Plenus 日本の心研究所

What's new

Plenus 日本の心研究所について

日本は、四季折々の野と山の幸、海の幸にも恵まれ、みずみずしい稲穂が垂れる国です。
そんな日本の食文化は、心と物の総和で成り立っています。"Plenus 日本の心の研究所" は、 「美しい日本の食文化」を総合的に研究することを目的として設立されました。
日本の食への総合文化的な視点をもちながら、日本から世界に届ける食文化の礎となるものを築いてまいります。

ごあいさつ
Plenus 日本の心研究所 Roots Story

世界の中でも確固たる存在感と個性を示す日本の食文化。
古くは大陸からの食文化を取り込みながら、日本人は四季折々の自然の恵みを繊細かつ独特の感性で磨き上げ、千年以上の時間をかけて、美しい日本の食文化を育んできました。そして、鎖国の中で完成された独自文化に、「西洋」という異文化が流入してきた明治時代。
「Plenus日本の心研究所」は、近代化への転換点であり、食文化にも多大な影響を与えたこの時代に誕生した西洋料理店『彌生軒』にルーツがあります。

Plenus 日本の心研究所 Roots Story

弁当ライブラリー

定食ライブラリー

繊細かつ独特の感性で千年以上磨き上げてきた美しい食文化。
一方、海外の食を自分たちの食文化に旺盛に取り込んだ創造の食文化。
2つの素地を持つ日本の食文化の魅力を世界に発信する「日本の食文化アーカイブ」をつくりました。
まずは、日本の食文化の象徴とも言える「弁当」と「定食」の魅力を探ります。

日中は自然光があふれ、黄昏時には上窓にしかけられたルーバー状の照明が、空間全体にやわらかく障子越しのような光で空間全体を包み込むアトリウム。
濡れ縁のある茶室は、足利義政によって京都に作られた見晴らしの茶屋「等持院茶室 清漣亭」をモデルにしています。

空間構成

>>>>>>>>